AX
スポンサードリンク

木村多江 前編

木村多江のオーラの診断(オーラの泉より)

本名:木村 多江(きむら たえ)
生年月日:1971年3月16日
出身地:東京都
身長162cm
血液型はA型
女優
所属事務所:融合事務所
白百合学園高校、昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業
特技はバレエ、日舞


元々木村は舞台女優としてデビューするが、
「らせん」や『救命病棟24時』
の出演で世間に知れ渡るようになる。

今ではドラマや映画にと
多くの作品に出演し活躍している木村多江だ。

実は木村は霊感が強く、
若い頃からスピリチュアルに興味をもっていたらしい。

やはり、この番組はかかさず見ているという。
この番組の出演も以前から、
ずーと念を送っていたほどだ。

こんな木村を番組に出演する前に
江原啓之と美輪明宏はこう印象を述べている。

「見かけは美しいが中身は鉄壁のお城のような強い人」

木村多江の父親が亡くなったのは彼女が21歳のときである。
この父親が亡くなったのは自分の責任と木村は語る。

その経緯とは
実は木村は父親とそりが合わずに言い争いばかりしていたという。
父親もかなりのストレスを感じていたのだろう。
木村と喧嘩した直後、父親は突然死をしており、
この原因が自分にあると木村は自分自身を責めている。

木村自身は父親をなくした罪を継ぐなう、
原罪意識を持ち続け。
死んだ方が楽だ。

だが、行き続けらながら罪をつぐなうことを選びながら生きてきた。
自分は不幸なのだと自身に言い聞かせ、
この不幸を選択していたという。 

このときの出来事が後に木村が自他共に認める
「日本一不幸が板に付く女優」
と呼ばれるようになる要因となるのだ。

「雨と夢のあとに」のドラマに木村は出演、
その後「例え死んでも魂は残る」
と理解した木村は、罪の意識が消えたそうだ。

人生は何事も必然であり、
起こるべきして起きていると分かった木村は、
すべてのことに感謝できるようになったという。

それ以来木村は、
自分は生きてもいいんだと思えるようになった語る。

そして、江原は木村をこのように指摘した。

「いつも他人との感覚の違いを感じ、
苦しんできたのは、実は木村多江の魂の歴史に原因がある」と。


木村多江中編 : 木村多江後編


広末涼子前編のページへ

Category
「江原啓之本」「江原啓之テレビ」「江原啓之一般」「芸能人のオーラ診断」

TOP
posted by 福福 at 10:23 | TrackBack(0) | オーラの診断

この記事へのトラックバック